不動産物件探しのパートナーBonSmile

住宅や賃貸物件・店舗・投資用の不動産情報や、
快適な暮らしに役立つ情報を掲載しています

買う
借りる
不動産まめ知識
暮らしの情報
お金の情報

家や土地を買う
店舗・事務所を買う
一棟売物件などを買う
不動産会社から探す
所沢不動産情報WEB
大泉学園駅不動産情報WEB
練馬不動産情報
家や土地、駐車場を借りる
店舗・事務所を借りる
不動産会社から探す
所沢不動産情報WEB
不動産News
不動産お役立ち情報
快適暮らしの情報
住まいに関わるお金の情報
資金プラン
ローンシミュレーション
不動産News
不動産News

2019年5月13日
 
 日鉄興和不動産はこのほど、単身者のマンション生活をより豊かにするための情報拠点「プラスワンライフラボ銀座ギャラリー」(東京都中央区銀座)が、開設から1周年を迎えたと発表した。この1年間で来場者数は700人を超えた。
 
 
 大東建託はこのほど、金融安定理事会(FSB)が設立した「気候関連財務情報開示タスクフォース」の提言に賛同し、気候変動が事業に及ぼす影響について情報開示を更に推進することを決めた。同社ではそのリスクなどを把握し、環境報告書や統合報告書などのツールを通じて透明性の高い情報を開示していく。
 
 FSBは主要国の中央銀行や金融規制当局で構成し、同提言は、金融の安定性の文脈から気候変動問題が議論される初めてのイニシアチブとなり、企業などに気候変動が事業に与える影響について情報開示することを求めている。
 
 
 凸版印刷は5月9日、CoLife(コーライフ)と資本業務提携を締結したと発表した。
 
 凸版印刷は電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」、家電や住宅設備をパソコンやスマートフォン上で管理できるサービス「IEMANE(イエマネ)」などデジタルサービスを展開している。一方、コーライフが提供するメンテナンスサービスプラットフォーム「イエコン」は会員数が3万世帯を超え、18年9月からはスマホを活用したメンテナンスサービス「イエコンアプリ」の提供も開始している。
 
 両社は今回の提携により、「イエコン」と、凸版印刷の持つマーケティングや決済などのITサービスを組み合わせ、見積もりの自動化や故障予測などの機能を実装する方針。「イエコン」の拡大展開に加え、両社のメンテナンスデータをベースに、AIやIoTなどの技術を活用し、住宅メンテナンスサービス領域のデジタルトランスフォーメーションを推進していく。
 
 
 相鉄ホテルマネジメントは、7月25日に「相鉄フレッサイン 大阪なんば駅前」(大阪市浪速区)を開業する。相鉄グループの宿泊特化型直営ホテルとしては、大阪市内で3店舗目。同ホテルは鉄骨造、地上13階建てで、延べ床面積約6331平方メートル。客室数は276室で、セルフチェックイン・チェックアウト端末「スマーレ」を導入する。また、スマートフォンアプリを利用した客室開錠システム、客室に朝食会場の混雑状況などを確認できるタブレットを設置する。
 
 
 東京セキスイハイムは5月18日、セキスイハイム工業東京事業所(埼玉県蓮田市黒浜)内の体感型ショールーム「セキスイハイムミュージアム蓮田」をリニューアルオープンする。
 
 ショールームは「安心ハイム」「快適ハイム」「スマートハイム」の3つのゾーンで構成。起振機一体型3面シアターによる地震体験、動く模型によるセキスイハイムの構造説明、最新の3D技術による稼働生産工場体験などコンテンツに工夫を凝らす。工場併設であるため、生産工程と合わせて家づくりに対する理解と納得感の促進を図る。
 
 ショールームの延べ床面積は758平方メートル。開館時間は午前10時から午後5時まで。定休日は毎週火曜日・水曜日。見学は予約制となる。
 
[提供 住宅新報社]
不動産News
関連リンク
不動産会社紹介 売買
おすすめサイト紹介


Copyright (C) 2010-2017 BonSmile. All Rights Reserved.