不動産物件探しのパートナーBonSmile

住宅や賃貸物件・店舗・投資用の不動産情報や、
快適な暮らしに役立つ情報を掲載しています

買う
借りる
不動産まめ知識
暮らしの情報
お金の情報

家や土地を買う
店舗・事務所を買う
一棟売物件などを買う
不動産会社から探す
所沢不動産情報WEB
大泉学園駅不動産情報WEB
練馬不動産情報
家や土地、駐車場を借りる
店舗・事務所を借りる
不動産会社から探す
所沢不動産情報WEB
不動産News
不動産お役立ち情報
快適暮らしの情報
住まいに関わるお金の情報
資金プラン
ローンシミュレーション
不動産News
不動産News

2019年6月11日
 
 GAテクノロジーズ(東京都港区)はこのほど、中古不動産流通ポータルサイト「RENOSY(リノシー)」に、洪水や液状化のリスクを可視化した災害リスクマップ機能を追加した。消費者の災害リスクへの対応のニーズを受けたもの。対象エリアは1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)。
 
 「リノシー」サイトは、中古マンション取引データから独自の規則性を学習したAIが算出した推定価格をはじめ、エリアごとの犯罪率や世帯属性の可視化、近隣マップなどを表示。今回の災害リスクマップの導入により、住宅のスペックだけでなく、地域の災害リスクを絡めた家探しを促進していく。
 
 
 三菱地所などが、大手町・丸の内・有楽町地区で6月13日から8月31日まで、井水浄化設備を活用した「ドライ型ミスト」を設置する。総延長927メートルは初めて。暑さ対策として、18年夏に丸の内ビルと丸の内パークビル前の歩道100メートルで実証実験を実施。冷却効果が確認できたため、丸の内仲通り沿いの街路樹や東京国際フォーラムまで拡張する。
 
 
 東京都は、木造住宅の耐震化を促進するため、安価で信頼できる「耐震改修工法・装置」の事例を募集している。耐震改修工法・装置の事例等の募集・選定を行ない、普及啓発のパンフレットや展示会で紹介する。
 
 募集期間は7月12日まで。募集は耐震改修工法部門と装置部門の2部門。問い合わせ先は、東京都都市整備局市街地建築部建築企画課。03(5388)3362。
 
 
 埼玉県さいたま市は、市内中小企業によるCSR(企業の社会的責任)の推進のため「さいたま市CSRチャレンジ企業」を募集・認証しており、応募説明会を兼ねた「さいたま市CSRセミナー2019」を6月21日に開催する。
 
  同セミナーは、6月21日午後2時から4時40分まで与野本町コミュニティセンターで開催。定員は100人(先着順)、参加費は無料。「さいたま市CSRチャレンジ企業」の募集期間は、6月10日から8月9日まで。
 
 
 スリーエムジャパンは6月7日から、写真共有アプリ「Instagram(インスタグラム)」で、多様な素材に貼ることができる内外装材「3Mダイノックフィルム」の施工事例紹介とサンプル請求の受け付けを開始した。インスタグラムを通じたサンプル請求受付は建築業界では初の試みという。
 
 今回の取り組みは、気になる採用事例をタップするだけで実際に使われている品番のサンプルを請求することができるもの。インスタグラムアカウントは3mjapan(すべて半角)となる。
 
 なお、採用事例の共有は画像共有サイト「Pinterest(ピンタレスト)」でも実施。ピンタレストではサンプル請求は実施していない。ピンタレストアカウントは3MJAPAN(すべて半角)となる。
 
[提供 住宅新報社]
不動産News
関連リンク
不動産会社紹介 売買
おすすめサイト紹介


Copyright (C) 2010-2017 BonSmile. All Rights Reserved.