不動産物件探しのパートナーBonSmile

住宅や賃貸物件・店舗・投資用の不動産情報や、
快適な暮らしに役立つ情報を掲載しています

買う
借りる
不動産まめ知識
暮らしの情報
お金の情報

家や土地を買う
店舗・事務所を買う
一棟売物件などを買う
不動産会社から探す
所沢不動産情報WEB
大泉学園駅不動産情報WEB
練馬不動産情報
家や土地、駐車場を借りる
店舗・事務所を借りる
不動産会社から探す
所沢不動産情報WEB
不動産News
不動産お役立ち情報
快適暮らしの情報
住まいに関わるお金の情報
資金プラン
ローンシミュレーション
不動産News
不動産News

2019年11月13日
 
 相鉄グループの相鉄ホテルマネジメント(神奈川県横浜市、吉田修社長)は20年2月1日、「相鉄フレッサイン」ブランドとして中京圏初出店となる「名古屋駅桜通口」(愛知県名古屋市)を開業する。また21年秋には、同じ名古屋駅周辺で同ホテルブランドの「名古屋駅新幹線口」(同)も出店する予定だ。
 
 新ホテルの「桜通口」は、JR名古屋駅の桜通口や名古屋市営地下鉄の名古屋駅などから徒歩4分の立地。建物は鉄骨造りの地上18階建て、延べ床面積は約5980平方メートル、総客室数は250室。「新幹線口」はJR名古屋駅の太閤通口から徒歩4分。鉄骨造りの地上14階建て、延べ床面積約5110平方メートル、総客室数は229室を予定している。
 
 
 
 国土交通省はこのほど、所有者不明土地(不明地)対策の先進的取り組みとして、3件の応募の中から山口県山口市の応募案を3次採択の支援対象として決定した。
 
 これは地方自治体やNPO、民間事業者などが不明地対策へ向けて行う、不明地利用円滑化特措法に基づく地域福利増進事業等の先進的な取り組みについて、「所有者不明土地法の円滑な運用に向けた先進事例構築推進調査」として国が実施費用の一部を支援するもの。
 
 1次および2次採択と合わせ、今回で6件目の採択事業となる。取り組みの成果は原則公表し、全国の自治体等へ水平展開を図る。
 
 
 
 物流不動産の所有・運営・開発を手掛けるプロロジス(日本本社=東京都千代田区)は11月12日、物流系ITスタートアップ企業のKURANDOと業務契約を締結し、倉庫内業務の可視化アプリ「ロジメーター」を共同開発したと発表した。
 
 同アプリでは、タブレットに倉庫内の作業を登録することで、管理者のパソコンから作業の進ちょく状況をリアルタイムで把握することができる。プロロジスは、これにより作業量に応じた適切な人員配置が随時行えるほか、そのデータを分析して作業改善などにつなげることもできるとしている。
 
 導入に当たっての初期費用は不要。まずプロロジスの運営する物流施設の入居企業を中心にプロトタイプ版を提供し、実際に使用した企業によるフィードバックを基に改良を加え、来春にKURANDOが完成版として製品化する予定。
 
 
 
 インテリックス(山本卓也社長)は、東京都台東区に開業予定(20年1月中旬)のホテル「LANDABOUT(ランダバウト)」の宿泊予約受付を、11月11日から開始した。東京・谷中を中心にリノベーションによるまちづくりを推進するHAGI STUDIO(宮崎晃吉社長)をパートナーに迎えた取り組みで、エリアリノベーションの発信源となる、鶯谷の新たなランドマークとしてのホテルを目指す。
 
 所在地は、台東区根岸3の4の5(JR山手線鶯谷駅徒歩3分)。建物は鉄骨造陸屋根15階建て、客室数は169室。1階にはカフェ・ダイニングバーを構え、共用施設として地域に開放する。
 
 
 
 不動産関連の比較査定サイト「リビンマッチ」を運営するリビン・テクノロジーズは11月18日の「いい家の日」に合わせて、「関東と関西では住宅選びは異なるのか」について調査した。
 
 それによると、住宅購入時に最も重視する点について聞いたところ、関東では「周辺環境」(19.0%)が最多だったのに対し、関西では「価格」(17.7%)が最多だった。
 
 2番目、3番目に重視する点を聞いたところ、関東では、「価格」、「構造耐震性」。関西では、「価格」、「周辺環境」、「日照・風通し」(3番目は同率)だった。
 
 この調査は「リビンマッチ」を利用した20歳以上の関東または関西に居住している男女129人に対し、インターネットによるアンケート回答方式で行った。
 
 
[提供 住宅新報社]
不動産News
関連リンク
不動産会社紹介 売買
おすすめサイト紹介


Copyright (C) 2010-2017 BonSmile. All Rights Reserved.