不動産物件探しのパートナーBonSmile

住宅や賃貸物件・店舗・投資用の不動産情報や、
快適な暮らしに役立つ情報を掲載しています

買う
借りる
不動産まめ知識
暮らしの情報
お金の情報

家や土地を買う
店舗・事務所を買う
一棟売物件などを買う
不動産会社から探す
所沢不動産情報WEB
大泉学園駅不動産情報WEB
練馬不動産情報
家や土地、駐車場を借りる
店舗・事務所を借りる
不動産会社から探す
所沢不動産情報WEB
不動産News
不動産お役立ち情報
快適暮らしの情報
住まいに関わるお金の情報
資金プラン
ローンシミュレーション
不動産News
不動産News

2019年12月 3日
 
 三井不動産は、「(仮称)豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事事業2?1街区 AC棟計画」の名称を「豊洲ベイサイドクロス」とし、20年4月24日にグランドオープンする。地権者であるIHIの協力で開発を進めている。核となる建物「豊洲ベイサイドクロスタワー」(地下2階地上36階建て)が3月31日に竣工。地下1階~地上4階に商業施設36店舗が入居し、既存の「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」へ加わり4月24日にオープン。また、地上33~36階にホテル「三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス」が6月25日に開業する予定だ。
 
 豊洲ベイサイドクロスは、ゆりかもめ、東京メトロ有楽町線の豊洲駅に直結。隣接する豊洲公園にかかる豊洲パークビレッジを建設する。豊洲ベイサイドクロスタワーは、商業施設やホテルのほか、オフィス空間を整備。一部に屋外テラスや吹き抜け階段を用意した。また、新しい働き方をサポートするワーカー向け共有施設「+C(プラスクロス)」を設置。ミニフィットネスとシャワールームや凸版印刷による集中ブース、パナソニックによるリフレッシュルームなどを企画し、働き方に合わせた場を提供する。
 
 
 
 三協立山・三協アルミ社は12月2日、シャープなフラット屋根のサイクルポート「リンリンスラッシュ」を発売した。
 
 このサイクルポート(自転車置き場)の特徴はシンプルな屋根形状、敷地の有効活用が可能なY合掌タイプなど豊富な納まりバリエーションを用意する。ねじの種類を当社従来品の11種類から3種類に削減し、施工性を向上させた。また、強度は積雪20センチ仕様と積雪30センチ仕様の2種類から選択できる。
 
 オープンタイプ(積雪20センチ仕様)、奥行き2000ミリ×間口1万1496ミリ×高さ1900ミリで、参考価格は47万9200円(消費税・搬入費・施工費等含まず)。
 
 
 
 野村不動産パートナーズと野村不動産ライフ&スポーツの2社はこのほど、東京都スポーツ推進企業に認定されたと発表した。野村不パートナーズでは、車いす陸上競技の西勇輝選手の雇用をはじめ、障がい者スポーツ全体への理解促進とパラアスリート支援を行っている。
 
 野村不ライフ&スポーツでは、神奈川県川崎市と「パラアスリート育成における施設利用協定」を結び、スポーツクラブ「メガロス田端」を練習場所として無償提供している。
 
 
 東京ガス不動産は、賃貸住宅「ラティエラ大島」(東京都江東区大島三丁目)を取得した。東京ガスグループは、不動産の活用・管理を通じて、地域エネルギー提案やまちづくりの貢献を行う地域開発サービス事業の一環。同社は、同物件のリーシングや維持管理のマネジメント業務を行う。
 
 同物件は、都営新宿線大島駅から徒歩3分の立地。鉄筋コンクリート造、地上14階建てで、全79戸の全戸が25平方メートル台。19年11月に竣工した。
 
 
 
 旭化成ホームズは11月30日、19年度第2回国土強靭化貢献団体認証「レジリエンス認証」において「事業継続および社会貢献」の認証を取得した。
 
 レジリエンス認証は内閣官房国土強靭化推進室が制定した「国土強靭化貢献団体の認証に関するガイドライン」に基づき、レジリエンスジャパン推進協議会がの認証を付与する制度。「事業継続および社会貢献」認証は事業継続に加え、事前の防災・減災および迅速な復旧復興に取り組む事業者に与えられる。
 
 同社は被災した顧客の生活復旧までを含めた災害対応ガイドラインを策定。更に、自治体と協定を結んで実施した災害に強い街づくり、賃貸住宅の入居者同士が有事の際に助け合うコミュニティ形成支援などに取り組んできた。こうした取り組みが評価され、今回の「事業継続および社会貢献」の認証取得に至った。
 
 
[提供 住宅新報社]
不動産News
関連リンク
不動産会社紹介 売買
おすすめサイト紹介


Copyright (C) 2010-2017 BonSmile. All Rights Reserved.