不動産物件探しのパートナーBonSmile

住宅や賃貸物件・店舗・投資用の不動産情報や、
快適な暮らしに役立つ情報を掲載しています

買う
借りる
不動産まめ知識
暮らしの情報
お金の情報

家や土地を買う
店舗・事務所を買う
一棟売物件などを買う
不動産会社から探す
所沢不動産情報WEB
大泉学園駅不動産情報WEB
練馬不動産情報
家や土地、駐車場を借りる
店舗・事務所を借りる
不動産会社から探す
所沢不動産情報WEB
不動産News
不動産お役立ち情報
快適暮らしの情報
住まいに関わるお金の情報
資金プラン
ローンシミュレーション
不動産News
不動産News

2019年12月 9日
 
 ナイスはこのほど、新しい窓リフォーム商品「あったかMADO」の供給を始めた。栗原(東京都文京区)の断熱窓商品に、BACホールディングス(愛知県一宮市)の特許取得技術であるウレタン充填工法を用いる、カバー工法によるリフォーム窓。標準的な窓であれば1時間程度で施工可能だという。
 
 
 
 観光庁が監修している訪日外国人向け災害時情報提供アプリ「Safty tips」が12月6日に機能を拡充し、地方自治体が発信する避難勧告等を多言語で通知できる新機能が追加された。
 
 同アプリは14年に提供を開始したもので、緊急地震速報や津波警報、気象特別警報、熱中症情報などの災害情報等を多言語で配信している。今回のアップデートでは、従来の情報に加え、アプリ上であらかじめ登録した地点について、地方自治体がLアラートを通じて発信する避難勧告などの情報を多言語でプッシュ通知する。
 
 また同アプリは現在11カ国の12言語に対応しており、19年度中には新たに3カ国語を追加する予定。
 
 
 
 大京グループで工事事業を手掛ける大京穴吹建設は、正社員の定年を65歳まで延長する「建築人材の雇用延長制度」を12月1日から導入した。また、定年後の再雇用の上限を70歳に引き上げる。建設業界の人材不足を踏まえ、長く安心して働くことができる会社作りの推進、熟練社員からの技術電量により若手育成を通じた技術力向上を目標としている。
 
 
 
 大和ハウス工業は12月6日、沖縄県豊見城市豊崎のビーチリゾート「美らSUNビーチ」前に開発する大型商業施設の名称を「iias(イーアス)沖縄豊崎」に決定したことを発表した。
 
 命名のコンセプトは「知性=intelligence」「独自性=identity」「快適性=amenity」「共存=symbiosis」の頭文字を組み合わせ、「良い明日」の想いを込めた。テナントには沖縄県初出店となる生活雑貨専門店「ロフト」、スウェーデンのアパレルブランド「H&M」、ゴルフ専門店の「PGA TOUR SUPERSTORE」、大型スポーツ専門店「スーパースポーツゼビオ」など155店舗が出店する。
 
 商業施設の敷地面積は7万1499平方メートル、延べ床面積は約13万5000平方メートル、店舗面積は約4万7600平方メートル。20年4月下旬のオープンを予定し、来場者数目標は年間1000万人を掲げている。
 
 
 
 国土交通省は国内不動産企業の海外進出を支援するため、20年2月に「日本・インドネシア ジャカルタ首都圏不動産開発セミナー」を開催する。インドネシア不動産協会との共同開催で、開催地は同国ジャカルタ市内を予定。
 
 2月13日にセミナーを開催し、日本と同国の双方による基調講演やプレゼンテーションのほか、ビジネスマッチングも実施。翌日の14日には、日系企業が参画した現地開発事例の視察を行う。
 
 対象は同国への進出を検討する不動産企業。参加費は1人5000円(セミナー、視察等含む)で、現地集合・現地解散。申し込み締め切りは20年1月10日。
 
 プログラムの詳細や注意事項、申し込み方法などは、同省のホームぺージ(https://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo03_hh_000245.html)を参照のこと。
 
 
[提供 住宅新報社]
不動産News
関連リンク
不動産会社紹介 売買
おすすめサイト紹介


Copyright (C) 2010-2017 BonSmile. All Rights Reserved.